費用が安かったのでサロンで脱毛(27歳・会社員)

物心ついたころから毛深いことに悩んでいた27歳の会社員が脱毛を決意。メンズ脱毛サロンでの体験談をつまびらかに紹介していきます。

中学時代からのコンプレックス

かれこれ15年くらい前から毛深いことに悩んでいました。徐々に濃くなっていき、フォークダンスも女子から敬遠され、体育ではひそひそ話が聞こえてくる始末。ホント、毛深いことがコンプレックスになっていました。

おまけに色白なほうなのでなおさら目立つし、一時は引きこもりになりそうなくらい。

ところがある転機が訪れることに。大学に入り友人関係も広がったころ、友達がつるつるのスネ毛を見せてくれ、その彼が脱毛したことを知りました。「男でも脱毛できるんだ!」と、驚愕したのを今でも忘れません。

それから数年。仕事にも慣れてきたところ、ふと大学時代のあの日あの時の記憶を掘り起こし、友人が行った大手エステサロンに早速電話することに。あんなにどきどきしたのは久しぶりでしたね。

思えば中学生の頃から部屋にこもって一生懸命髭を抜いていました。痛くて痛くて、でも毛深いのが嫌で嫌で、毎日一心不乱に抜きまくっていましたね。なにしろエステサロンなんて知らない時代でしたから。悶々と過ごしてきたこの十数年を解決できる時期がやっと来たと感じましたね。

なんだか希望の光が見えたみたいで、うれしかったのを忘れられません。

衝撃の痛みが快感に変わる

とりあえず見たサロンのHPが、またまた衝撃。ひげがこんなになるんだ!すね毛もこうなるんだ!って。いやいや、おかしいやら、うれしいやら。予約の日が待ち遠しくてたまりませんでした。正直、エステサロンって怪しいところと思っていたから。正直、不安も少なからずありましたけどね。

実際カウンセリングに行ったときには、気後れしたのも事実。男がこんなところに入っていいのか?みたいな。でも入ってみたらすごく雰囲気が良くて、あれよあれよという間に話が盛り上がって、体験するところまでこぎつきました。

いよいよ体験。

光が当たった瞬間「痛ってー!」が本音でしたよ。ホント、痛かった。びっくりした。毛を抜くんですから当然といえば当然ですよね。ここで引き下がれないと思い我慢していました。そして本契約。とりあえず回数の割には安いと思った約30万円のコースにしました。

それにしてもこの痛みも回を重ねると慣れてくるんですね。痛いけどむしろ快感さえ覚えるようになる。でも部位によっては涙が出てくるくらい痛い。何かの罰ゲームみたいでした。

ただ5回目あたりからひげが明らかに減ってきた。青々したのがなくなって、すっきりしてきました。それを見て、痛みを我慢した甲斐があったと思った瞬間ですね。

あれから5年

痛い脱毛コースを続けて、結局40回くらい通いました。それから5年経った今、ヒゲはほとんどなし。産毛が少し生える程度を維持しています。

あんなに毛深くて青々としていたアゴがすっかりつるつる。もう、うれしくてたまりません。結局30回のコースでは終わりませんでしたが、満足しています。