脱毛方法

メンズ脱毛を考えている人が意外に知らない、クリニックとサロンとの脱毛方法の違いはどんなものか、具体的に説明していきましょう。

サロン・クリニックの脱毛方法、知っておきたい違いとは?

メンズ脱毛をする場合にまず知っておくべきことは、クリニックとサロンの脱毛方法の違い。簡単に言うと「脱毛機器の違い」です。つまり脱毛に使用する機器の根本的な目的は同じではあっても、使用する機器のパワーが違うため脱毛の効果に大きな差が出ます。

ここでいう機器とは「レーザー機器」のことをいいます。

スタッフの資格の有無

またクリニックとサロンでは、常駐するスタッフに資格があるかないかという違いもあります。資格の有無のため、使用できる機器に違いが生まれるのです。

クリニックで使用されるのは、レーザーが強力な機器です。クリニックでは、医療行為の一環で施術前に必ず医師が問診して肌や全身状態のチェックを行い、その人に合ったパワーはどれくらいがふさわしいかを診断します。それに基づいて、医師や看護師など医療資格を有しているスタッフが施術を行います。さらに医師が常に在籍しているので、万が一のトラブルでも迅速な対応が可能。場合によっては投薬治療などの処置が行えます。

照射パワーが強く脱毛効果が高い分、肌への負担・ダメージの危険性もある治療といえます。

サロンでは、クリニックに比べて弱いパワーのレーザー機器を使います。施術前のカウンセリングは、カウンセラーやスタッフが行い、脱毛のリスクや効果、料金についての説明を主として行います。

もてなされるような柔らかい雰囲気の中で、施術を受けられることもあり高い人気があります。ただし、医療資格のない人が脱毛を行うので、リスクが高く照射パワーの強いレーザーを使用できません。また、万が一のトラブルが起こった際には医師などが常駐していません。そのため対応が迅速でない場合があります。

中には処置が遅れたことが原因で回復が遅れ、傷跡が残ってしまったというようなケースも。照射パワーが弱い分、肌へのダメージは少ないのですが、リスクに対する対応への不安のあるのがサロンの施術ではないでしょうか。

クリニックとサロンと、それぞれの脱毛にメリット・デメリットがあります。どんな施術を受けたいかをよく考えて決めるといいですね。