名古屋のメンズ脱毛クリニック・サロン口コミ評判まとめ » やり直しは絶対に嫌な人の脱毛レーザー選び! » ダイオードレーザーの特徴。メリット、デメリット(メディオスター)

ダイオードレーザーの特徴。メリット、デメリット(メディオスター)

ダイオードレーザーの特徴

波長 810nm
産毛 ○(ヤグレーザーよりは効果が低い)
色黒 △(日焼けはNGのクリニックもあり)
ジュール数 60ジュール

脱毛レーザー機器の中でも、最先端とされているのがダイオードレーザーです。米国FDAから「永久脱毛の効果がある」ことで認可が下りていて、その安全性の高さはお墨付きです。
810nmという波長の長さは日本人の肌に合っているともいわれており、
痛みが少ない上に従来のレーザーと比べて高い脱毛効果があることで注目されています。

また、他のレーザー機器に比べて照射口が大きいので、1回に照射できる範囲が広く、短時間のうちに効率よく脱毛できるのもポイント。(従来のレーザーの1/3程度の時間で施術できる)
照射口が四角く、照射漏れが少ない点もいいですね。

ただし、ダイオードレーザーはアレキサンドライトレーザーやヤグレーザーと違って施術時に毎回ジェルを塗らなければいけないのが難点です。しかしジェルによって皮膚が冷却されるので、レーザー照射時の痛みを軽減できるというメリットでもあります。

まとめ

メリット…痛みが少ない・安全性が高い・ヘッドが大きいので1度に広範囲の施術が可能・濃い毛と薄い毛(産毛も)どちらにも対応可
デメリット…ジェルを塗る手間がある・毛根が深い場合は効果が薄いことも

ダイオードレーザーの代表的な脱毛器

メディオスターNeXT

これまでのレーザー脱毛の痛みや不便さを解消するために開発された最新医療脱毛器。メディオスターNextPROは、毛根を破壊するのではなく「バルジ」という発毛因子を破壊してしまうことで脱毛効果を得るものです。毛根よりも浅い部分にあるバルジにダイオードレーザーを細かく照射し、蓄熱させることでバルジを破壊していきます。

ライトシェアデュエット

こちらも痛みの軽減と施術時間短縮を両立させた人気のレーザー脱毛器。照射口が大きく従来の1/3の時間で照射可能です。
照射部位の皮膚を吸引して伸ばし広げながら施術するので、ターゲットの毛に対して効率的にエネルギーを届けます。これにより、痛みや皮膚へのダメージを最小限に抑えることができます。

ダイオードレーザーがおすすめな人

次のような方にはダイオードレーザーが向いていると言えます。

安全性を重視したい方

ダイオードレーザーはFDAの認可も受けている安全性のとても高いレーザーです。やけどやトラブルが心配な方にもおすすめできます。

うっかり日焼けしてしまった方

アレキサンドライトレーザーは日焼けした肌には照射できず、半年待たないと脱毛できないのですが、ダイオードレーザーなら日焼けして元に戻っていない肌でも脱毛できる可能性が高いです。
日焼けを気にせず、すぐに脱毛をはじめたい方はダイオードレーザーがおすすめです。(クリニックの方針によっては断られてしまうこともあります)

シミが気になる方

ダイオードレーザーは毛のメラニン色素だけでなく、シミやニキビ跡、そばかすなどの色素にも反応します。髭を脱毛するだけでなく、シミを目立たなくしたり毛穴を引き締めたりする効果も期待できるので、肌をきれいにしたい人にも◎です。