名古屋のメンズ脱毛クリニック・サロン口コミ評判まとめ » やり直しは絶対に嫌な人の脱毛レーザー選び!

やり直しは絶対に嫌な人の脱毛レーザー選び!

脱毛の効果はレーザーの種類で決まる!

脱毛クリニックを選ぶ上で大事なことは何だと思いますか?美容施術なので医師の腕かな…と思うかもしれませんが、実は「何の脱毛機器を使っているのか」が一番重要視すべき点なのです。

脱毛の効果は脱毛器の種類によって決まるといっても過言ではありません。

ここでは、髭脱毛で使われている脱毛器を比較してみたので、クリニック選びの際にぜひ参考にしてみて下さい。

それぞれの脱毛器にメリット・デメリットがあるので、自分に一番向いているものを探してみましょう。

確実に毛根まで届く波長の長さで選ぶべし!

クリニックで脱毛に使われることの多い、ダイオードレーザー・アレキサンドライトレーザー・ヤグレーザーの特徴を比較してみました。

ダイオードレーザー

800nmの波長をもつレーザー。ライトシェアデュエットという世界一のシェアを誇る脱毛器が有名。ヘッドが大きく施術時間の大幅短縮が可能で痛みも少ないのが特徴。ヤグレーザーよりも波長が短いのがデメリット。

アレキサンドライトレーザー

755nmの波長をもつレーザー。エリートという名前の最新脱毛器が有名。日本人のメラニン量と相性が良く、色黒の人や薄い茶色の毛など幅広く対応可能。-30度の冷却装置がついているので施術中の痛みも軽減できる。デメリットは、施術スピードが遅いこと。

ヤグレーザー

1,064nmの波長をもつレーザー。ジェントルYAGという名前の脱毛器が有名。波長が一番長く最もパワフルな脱毛効果を誇る。強力なので短期間のうちに脱毛完了でき、色黒の人にも対応可。デメリットは、痛みが他のレーザーよりも強いこと。

レーザーは、波長が長いほど深い毛根まで届いて確実に破壊します。

施術中の痛みは強いのですが、効果の確実性を重視するならば波長の長いヤグレーザーが最もおすすめです。

【失敗談】波長が短く効果が実感できない・・・

「以前クリニックで髭脱毛しましたが、何回か施術しても思ったほどの効果がありませんでした。

他の人には効果があるのに、なぜ自分だけ…と不満が募り、別のクリニックに相談してみたところ、レーザーが合っていない可能性があるとアドバイスされました。

以前のクリニックではダイオードレーザーでしたが、こちらではヤグレーザーを使うので効果が出るはずだと言われたのです。

これで最後と思って試してみたところ、今度は効果てきめんでした。」

やり直しのリスクを減らすヤグレーザーがおすすめ

基本的には医療脱毛であればどのレーザー機器を使っても効果があると考えて間違いではないのですが、人によっては上記の体験談のように毛母細胞が根深いためにアレキサンドライトやダイオードレーザーでは十分な効果が得られないことがあります。

脱毛でムダ金を使わないように、髭脱毛をするならヤグレーザーの脱毛器があるクリニックを選ぶのがおすすめです。

もちろん、毛根の深さや皮膚の状態は人によって異なりますから、実際にどのレーザーを使うのかはクリニックで相談して下さい。

なお、脱毛効果があるかどうかを自分で判断するには、施術部位の毛が9割以上抜け落ちたかどうかで見極めると良いようです。

何度施術を受けても抜けない部分があれば、その旨をクリニックに伝えてヤグレーザーを照射してもらうといいでしょう。